MENU

キャッシング審査に通る条件

キャッシングの審査に通るために金融機関が一番重視しているもの、それは・・・



ズバリ、「返済能力」があるかどうか。

当たり前といえば当たり前ですね。

返してもらえるからお金を貸せるのです。


では返済能力があるかないかはどういった条件から判断するのか、以下より詳しく見ていきます。

返済能力を判断する審査基準

審査基準は金融機関による違いはありますが、主に以下となります。


・安定した一定の収入がある

・適切な年齢である(だいたい20歳から69歳まで)

・他金融機関から複数の借入がない


安定した一定の収入


まず、安定した一定の収入とは単純に言えば、現在なんらかの職に就き収入を得ていて、これから先もその収入が安定してあるかどうか、です。

通常お金を借りた場合、その支払いは毎月一定額を返していくことになりますから、ここは当然最重要視されます。


どんな勤務形態である必要があるかは以下の通り。


・正社員

・派遣社員

・パート、アルバイト

・自営業、個人事業主

・専業主婦(配偶者に収入あり)


パートやアルバイトでも長く勤めていて、借入希望金額にもよりますが、数万円でも一定の収入を得ていれば審査に通る可能性は高いです。

逆に正社員でもまだ今月から職に就いたばかりなど、この先安定した収入を得られるかどうかが懸念される場合、審査に落ちることもあるようです。


また、気を付けなくてはいけないのが自営業者や個人事業主です。

自営業の場合まず社会的に会社の信用が不足していることが多く、収入がそこそこ多くても審査が通らないこともあるようです。

審査の際に会社に関する様々な資料の提出を求められることもあるでしょう。


※専業主婦の場合、本人には全く収入が無くても、配偶者に収入があれば借入が可能な銀行系カードローンもあります。

詳しくはページ下部の借入診断より確認してください。


適切な年齢である


まず20歳未満の未成年者は借入をすることはできません。

更に70歳以上のかたも借入をすることは難しいでしょう。


年齢とともに返済能力は当然落ちてきてしまうからです。

加齢による体力の低下、病気による職の継続不可など考慮され、まず返済は難しいと判断されます。


他金融機関から複数の借入がない


まず総量規制の問題があります。

消費者金融の場合、自身の年収の1/3を超える借入をすることはできません。


次に他金融機関から複数の借入がある場合、その全ての返済額を考慮したうえであなたの返済能力を問われます。

返済優先度が下がってしまうことの考えられ、審査はとても厳しくなるでしょう。

しかし、総量規制以下の金額であれば十分審査に通る可能性はあります。

借り入れ診断で判断する

上記の様に審査基準は一見単純ですが、内容はとても複雑なものです。

自身で判断するのは難しいので、借入を行う際は以下の借り入れ診断を利用するといいでしょう。




借り入れ診断で借り入れが可能と出れば申し込みを検討して良いでしょう。